ハンセン病フォーラム

更新日 2020.11.20

ハンセン病を正しく理解し、
差別と偏見のないともに生きる社会を築こう

日時

令和3(2021)年2月5日〔金〕
午後1時30分~午後4時10分

会場

徳島県立中央テクノスクール ろうきんホール
徳島市東南末広町23-64

プログラム

 ①13:35 ビデオ上映/「仙太郎おじさん!貴方は確かにそこにいた~展示資料に親族をみつけて~」
 ②14:20 講    演/木村 真三さん〔ハンセン病療養所入所者遺族、獨協医科大学医学部准教授〕
 ③15:10 シンポジウム/進  行・十川 勝幸さん〔徳島県ハンセン病支援協会会長〕
                パネラー・森  和男さん〔国立療養所大島青松園自治会長〕
                     黒尾 和久さん〔国立重監房資料館部長〕
                     木村 真三さん

申込方法

参加無料・申込必要・定員150名
 郵便、ファクシミリ、メールのいずれかでお申し込みください。

1.お名前・住所・連絡先電話番号(日中に連絡が取れる番号)をご記入ください。
2.ご提供いただいた個人情報は、フォーラムの管理運営以外には使用いたしません。
3.応募多数の場合は、抽選により決定し、「受講決定通知書」を送付します。
 ※申込用紙は、添付ファイルの案内チラシに付いています。

応募締切

1月20日〔水〕必着

申込み・お問い合わせ先・主催

徳島県立人権教育啓発推進センター(あいぽーと徳島)
〒770-0873
徳島市東沖洲2丁目14 沖洲マリンターミナルビル内
TEL 088-664-3719
FAX 088-664-3727
E-mail info@aiport.jp

プロフィール

木村 真三(きむら しんぞう)さん《ハンセン病療養所入所者遺族、獨協医科大学准教授》
1967年生まれ。放射線衛生学者。放射線医学総合研究所、労働安全衛生総合研究所を経て2011年8月より獨協医科大学准教授、同大国際疫学研究室長。重監房資料館の展示資料の中に親族の存在を示す記録を発見。以来、ハンセン病療養所入所者遺族として講演活動を始める。
 

黒尾 和久(くろお かずひさ)さん《国立重監房資料館部長》
2009年4月から国立ハンセン病資料館学芸課長、2014年7月から同館学芸部長、2018年6月より現職。重監房資料館開設準備にあたって特別病室(重監房)跡の発掘調査・報告を主導したほか、人権啓発にかかる講演活動も行っている。重監房資料館開館5周年記念に、木村真三さん出演の啓発DVD「仙太郎おじさん!貴方は確かにそこにいた」の制作に携わる。

ご案内

1.手話通訳、ヒアリングループ、要約筆記等が必要な方は、参加申込の備考欄にご記入ください。
2.プライバシー保護の観点より、会場での撮影・録音・録画はご遠慮ください。
3.気象警報発令時の対応について、当日午前11時の時点で、徳島市に次の警報が発令されている場合は、開催中止となります。※暴風、大雨、洪水警報

注意事項

■新型コロナウィルスの感染防止の対応について
 1.状況に応じて、延期・中止する場合があります。
 2.託児はありません。
 3.参加が決定した方について
  A)必ずマスクを着用してください。
  B)体調が不調の場合は、欠席してください。
  C)受付にて、受講決定通知の確認、検温等をいたします。

●公共交通機関をご利用の場合
 JR徳島駅から徳島市営バス6番乗り場【沖洲・南海フェリー(イオンモール徳島経由)】
 または【東部循環線(左回り)】行きに乗車し、【東部県土整備局前】にて下車。徒歩3分。
 

●お車をご利用の場合
 徳島県立中央テクノスクール〔ろうきんホール〕の無料駐車場をご利用ください。
 

添付ファイル

ハンセン病フォーラム[PDF:819KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード